避妊薬のすすめ

避妊薬・モーニングアフターピルで性被害を回避

性行為は、本人が望まない形で行われてしまうこともあります。
レイプなどの性被害を受けた場合、避妊をすることもできず、妊娠してしまう恐れがあります。
これを回避するのにも、避妊薬は有効です。
緊急避妊のためによく使われるのが、「モーニングアフターピル」と称されている薬です。
緊急避妊薬と同じ効果が得られるホルモン濃度の量の経口避妊薬を服用します。ホルモン量の関係から、低用量よりも中用量の、やや濃度が高いものが用いられることがあります。
「モーニングアフターピル」を使って避妊する方法は、避妊が期待できるホルモン濃度になるように、72時間以内に1回、その後12時間してからもう1回服用します。
経口避妊薬の「モーニングアフターピル」は、薬の種類によって含まれるホルモンと含有量が違うので、服用すべき個数、錠剤の部分に気をつける必要があります。
服用するときに注意しなければいけないことは、次の3つです。
1つ目は、すでに妊娠していないかを確認することです。すでに妊娠している場合、緊急避妊薬の効果はありません。心配ならば、市販の妊娠検査薬を使って事前に確認しておくようにしましょう。
2つ目は、多めに飲んだり他の薬と併用しないことです。
アフターピルは女性ホルモン剤なので、多めに服用すると副作用が強くあらわれてしまう危険性があります。心配だからたくさん飲む、というのは控えるべきです。
併用しても大丈夫な薬もありますが、他の薬との併用もなるべく避けたほうが良いです。常用している薬がある場合には医師に相談してみましょう。
3つ目は、飲むタイミングを守ることです。
緊急避妊薬は、飲むタイミングが成否を分けます。医師の指示に従って、タイミングを守ることが大切です。