避妊薬のすすめ

避妊薬ヤーズの服用と不妊相談の意義

経口避妊薬には、排卵を抑制する作用、子宮内膜を薄く維持して受精卵の着床を抑制する作用、受精を阻害する作用があるため、これらの作用を利用して、不妊治療において経口避妊薬が使われることがあります。
経口避妊薬を服用中は生理が来ませんが、服用を中止すると生理が起きます。このため、生理の周期が不規則な場合には経口避妊薬により周期を安定させ、排卵日程をコントロールすることができます。体外受精では、排卵スケジュールのコントロールと、排卵誘発剤の効果のみで卵胞を発育させるために1つ前の生理周期で経口避妊薬を使い、卵巣に卵胞を残さないようにします。
また、不妊症の原因として、卵巣嚢腫や子宮内膜症があります。これは、排卵のたびに症状が進行しますので、経口避妊薬で排卵をとめれば、症状の進行を抑えることができます。ヤーズは、子宮内膜症治療薬の超低用量ピルで、治療薬として処方された場合には保険適用になります。
排卵後に経口避妊薬を服用する場合もありますが、これは黄体ホルモンで子宮内膜を維持して、受精卵が着床しやすくするためです。もともとの黄体ホルモン値が低い人は、排卵後の高温期が短くなって子宮内膜が剥がれ落ちやすくなり、流産してしまいます。このようなケースに、黄体ホルモンを補充する目的で処方されます。
このように、不妊治療に経口避妊薬を使用する場合には、不妊の原因によって飲む時期も異なるケースがあります。不妊に悩んでいる場合には、自己判断せずに医師に相談してから使用するようにしましょう。ヤーズは、超低用量ピルなので、通常の低用量ピルと同様の避妊効果があります。ただし、ホルモン量が抑えられているため、避妊目的であれば、飲み忘れないよう一層注意する必要があります。