避妊薬のすすめ

避妊薬の服用と無排卵周期症や乳癌のリスク

経口避妊薬の服用は、癌や他の病気のリスクに影響するのでしょうか。経口避妊薬には、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合されており、これによって排卵を抑制する効果があります。排卵するたびに、卵巣はダメージを受けるとされていますので、経口避妊薬で排卵を抑えることで、卵巣は休んでいる状態になります。このため、卵巣癌や卵巣嚢腫のリスクは低下します。
経口避妊薬は、子宮内膜を薄く保つ作用もあります。子宮体癌は、子宮内膜に発生する癌なので、リスクは低くなります。子宮内膜症も軽くなるので、治療や予防に使われることもあります。また、理由はまだ解明されていませんが、大腸癌の発生率が低くなることも分かっています。
では、乳癌についてはどうなのでしょうか。俗説ではピルで乳癌のリスクが上がると言われていましたが、最新のデータではリスクは全く上昇しないことが分かっています。ただし、既に乳癌のある人や、既往歴のある人は、悪化する可能性があります。
次に、無排卵周期症についてですが、これは生理のような出血はあるものの排卵を伴っていない状態のことで、卵巣の機能は維持されています。生理不順で婦人科を受診した際に診断される病気ですが、多くが環境の変化や過度のダイエットによるストレスによるものです。治療方法としては、妊娠を望む場合には排卵を誘発し、妊娠を望まない場合にはホルモン治療となりますが、自費診療で低用量ピルを使用することもできます。無排卵周期症の治療にも経口避妊薬が使われることから分かるように、経口避妊薬が原因で無排卵周期症のリスクが上がることはありません。服用をやめれば大体3ヶ月以内には排卵が再開し、通常の生理が起きます。