避妊薬のすすめ

避妊薬の失敗を避けるには基礎体温の管理が大切

健康な男性と女性が性交渉をしていくと、妊娠をする可能性があります。妊娠をして困るという人では、避妊をしていく必要があるのですが、その方法は多岐にわたります。一般的に日本ではコンドームを使用することが多いのですが、最近は海外ではメジャーになっている避妊薬を使用をする人も少しずつですが、増えています。
避妊薬としては、低用量などのピルが知られています。これはホルモン剤の入った錠剤を毎日服用することで、生理周期を安定させて、排卵を抑えるような働きが見られるようになるというものです。正しい服用で妊娠を避けることができるので、女性にとってはありがたい薬でもあるのです。
基本的には、女性というのは基礎体温を測ることで、生理周期を知ることができます。ですから、オギノ式、基礎体温法、リズム式などといわれるように毎朝起きるまえに体温を測っていると周期がわかるものなのです。仮に避妊薬の飲み忘れなどがあったとしても、基礎体温を測っていると、排卵のタイミングなどもわかるのでよいものなのです。通常、ピルは48時間以上服用があいてしまうと効果がなくなるといわれています。このように、基礎体温の管理というのはとても大切なことなのです。
また、避妊薬には緊急用のものもあります。アフターピルといわれる性交渉の後に失敗の可能性のある場合に服用する薬ですが、これは少し強いホルモン剤になります。もしも受精卵ができてしまったとしても子宮内に着床しないようにすることができるものなのです。これは72時間に服用するようにしますが、早ければ早い方が効果があるのです。
ピルは上手に使い分けて避妊をしていくようにするといいのです。正しい服用が大切なのです。