避妊薬のすすめ

アルファリポ酸の特徴と避妊薬の飲み合わせ

アルファリポ酸とはチオクト酸とも呼ばれる補酵素の一種で、医薬品として始めは利用されていました。しかし2004年3月の法改正によってサプリメントに配合することが可能になりました。アルファリポ酸は、非常に高い抗酸化作用を持っており、疲労回復や運動の向上、ダイエットのサポート、アンチエイジングなどに効果があります。抗酸化作用によって活性酸素の働きが抑制されるため、がんや糖尿病、動脈硬化の予防にも効果的です。アルファリポ酸は生体機能に必要な物質ですが、体内で合成することができないんで、ビタミン様物質として扱われています。ヨーロッパでは30年以上も前から糖尿病の合併症の治療薬でした。日本はその他に肉体疲労時の栄養補給、肝機能の向上、内耳性難聴などの治療に使っています。アルファリポ酸は抗酸化物質の中では珍しいことに、水溶性と脂質性の両方の性質を持っています。水の中でも脂肪の中でも作用するので、抗酸化作用が強くなります。またアルファリポ酸にはデトックス効果もあります。人間の体はカドミウムや水銀、鉛など有害ミネラルや有害重金属によって汚染されてます。これらの毒素はダイエットの妨げであり、健康被害を引き起こすことがあります。アルファリポ酸は体内の解毒酵素を活性化する硫黄化合物なので、体内から有害な物質を除去できます。アルファリポ酸のサプリメントを服用しても、避妊薬の効果には影響を与えません。アルファリポ酸はLカルニチンと併用することが多いですが、避妊薬を元々服用していても問題ないです。避妊薬はそれほどサプリメントとの飲み合わせに制約がありませんが、セントジョーンズワートは薬の効果を薄める危険があります。